スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぞきめ/三津田信三 ★★★☆☆

辺鄙な貸別荘地にバイトに来た若者たち。彼らは禁じられた廃村に紛れ込み恐怖の体験をしたあげく、次々怪異に襲われる。そこは「弔い村」の異名をもち「のぞきめ」という化物の伝承が残る、曰くつきの村だったのだ・・・。

<何かが、私のこと覗くんです>

今回はあまり怖くなかったですねぇ。
とはいっても、途中で本を閉じて表紙を見た瞬間、凍りつきそうになりましたが。
後を引く怖さではありませんでした。
「覗き屋敷の怪」は普通に面白く、「終い屋敷の凶」は怪異の描写が延々と続くのでやや退屈。
待ちに待った伏線の回収も、取ってつけたような雑な印象でした。
『ついてくるもの』がクオリティの高い短篇集だったので期待しすぎたかしら。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。