スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

落日のコンドル/霞流一 ★★☆☆☆

プロの暗殺者[影ジェント]瀬見塚は豪華客船のオーナーを暗殺するため洋上の船に潜入した。船員はみな薬物で眠らせたはずだったが、なぜか暗殺チームの一人が殺される。しかも船は自動操縦で数時間後に座礁の危機。暗殺任務に加え、どこからともなく飛来したコンドル三兄弟の襲撃をかわし、仲間殺しの犯人を見つけなければならない。本格パズル・ロワイヤルの幕が開く!

<まず、殺し屋としては犯人でありたい>

ターゲットを倒すだけでなく、その証拠の「手首」をめぐって仲間同士も対決するという状況だということで、影ジェントたちの心理に基づいたロジックは面白いのですがねぇ。
キャラクターや設定が特殊すぎて、メインの真相がどうしても地味に感じてしまうのが残念。
前作よりも戦闘シーンが辛く感じて、ほとんど読み飛ばしてしまったのが失敗だったのか・・・でも、しっかり読んでいてもそれほどの効果はなかったような・・・。
2つ目の真相は好みなのですがね。
何よりも、霞作品にはもっとユーモアが欲しいのですよ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。