スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚構推理 鋼人七瀬/城平京 ★★★★☆

深夜、悲運のアイドルの亡霊は鉄骨を片手に街を徘徊する。その都市伝説の名は――鋼人七瀬。「そんなのは推理じゃなくて、欺瞞じゃない!?」真実を求めるよりも過酷な、虚構の構築。自身もまた怪異的な存在である岩永琴子の推理と知略は本物の怪異が起こす事件を止めることができるのか!?

<ここにはひとつの真実もない>

ロジックの一環として、「虚構の構築」が出てくる作品はよく読むけれど、それ一本を軸に書き上げてしまう思い切りのよさと、説得力が素晴らしかったです。
終盤、次々と繰り出される琴子のロジックには興奮しました。面白い!

アイディアが斬新なので、キャラクターやストーリーがもっと荒削りでもいいくらいなのに、小説としてもちゃんと楽しめるというところが好印象。
本格ミステリ大賞受賞作だそうで。納得。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。