スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一つ屋根の下の探偵たち/森川智喜 ★★☆☆☆

二人の探偵とハウスシェアを始めた新人エッセイストの浅間修は、苦しい経済状況を打破するために、同居人の探偵捜査についてルポルタージュを書くことに。そんなとき、雑誌に「アリとキリギリス事件」の記事を発見。奇妙な密室で男が餓死し、その床にはアリの巣のような穴があいていたという。対象の事件は決まった。しかしルポに採用されるのは、一人だけ。勝負を面倒がる探偵・天火隷介を、真面目な探偵・町井唯人が説得し、二人は対決することに。

(さすがに最初の喫茶店のロジックはどちらもショボかったですが)異なるロジックで一つの真相を突き止めるという流れはやっぱり珍しくて好みなのですよ。
でもねぇ。小説としての旨味はあまり感じられないといいますか。
キャラクターが中途半端なのかハウスシェアでの生活があまり盛り上がらず、町井と天火の勝負にも興味ゼロ。
もう、終盤まで「床に空いた穴の真相が相当なモノでありますように」とか祈りながらの読書でした。

そして確かに真相は意外性があるのですが、それ以上に犯人のマヌケさが目立ってしまったような印象。
「アリとキリギリス」のモチーフも、真相へのつながりには納得しましたが、それまでの押し付け感が不自然で。
作中でも触れているけれど、「アリの穴」に例えるかね?

うーん。ほんと「目の付け所が違う」ミステリなんですがねぇ。なんか惜しい。
この作家さん、ファンタジー小説の方がいろいろと気にならなくていいかも。文体も含め。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。