スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硝子の探偵と消えた白バイ/小島正樹 ★★★☆☆

警視庁の管理官・幸田が乗る自動車を先導していた白バイが、乗務する警官とともに消失。幸田は庁内で「ガラスの探偵」と囁かれる探偵・朝倉に謎の解明を依頼する。現場調査の最中にビルの屋上で発見された白バイ警官の射殺体。そして、かつて同じ場所で起こったストーカー殺人事件が、朝倉を迷宮へと誘う―。

<すぐに推理が砕け散る>

「硝子の探偵」の意味といい、これまでと違って「いい意味で」クセのある主人公でした。個人的にはもう少し派手に弾けてもらってもいいくらいですが。
小太郎がカワイイ。

ただ、キャラクターにアイディアを注ぎ尽くしたのか、真相は拍子抜けの連続で。
屋上に出現した白バイの真相なんて、思わず二度読みしてしまいましたよ。
ページ数が少なくてよかった、という読後感。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。