スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人外境ロマンス/北山猛邦 ★★★☆☆

身悶えするほどキュートな恋人の仕事は何?(「かわいい狙撃手」)冬のある日、彼女が密室から消えた方法とは?(「つめたい転校生」)恋人を亡くした弓子が山奥の旅館で出会ったのは―。(「うるさい双子」)少年時代に出会った友達は人を殺す妖怪だった。(「いとしいくねくね」)名探偵コンビはエリート刑事と…薔薇!?(「はかない薔薇」)最後のお話はないしょ。(「ちいさいピアニスト」)

<それじゃまるで、人間みたいじゃないか>

恋愛小説なので最初は物足りなく感じましたが、可愛いストーリーだけでなく切ない展開もあって、結果的にとっても楽しめました。
お気に入りは、シオネのキャラが好みでもっと続きが読みたくなった「うるさい双子」、オチは予想がついたけれど余韻が素晴らしい「いとしいくねくね」、花びらを落としながら言葉を伝えるようとする薔薇が健気な「はかない薔薇」

どのお話も人間でないものが相手だけれど、ビジュアル的に一番切ないのは「はかない薔薇」かなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。