スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マツリカ・マハリタ/相沢沙呼 ★★☆☆☆

柴山祐希、高校二年生。彼には、人に言えない秘密がある。実は、学校の近くにある廃墟ビルに住み、望遠鏡で学校を観察している美少女・マツリカさんに命じられて、学校の怪談を調べていた。新学期を迎え、なかなかクラスになじめない柴山の下に、『一年生のりかこさん』の怪談話が舞い込んでくる。一年生の時に自殺をした彼女は、学校に未練を残していて、ときどき霊になって現れるらしい。その真実を突き止めるため、捜査を開始した柴山だったが、調べていくうちに…!?

うーん。今回はどの怪談の真相も、いまいちパンチ不足で印象が薄かったです。
マツリカさんの秘密が少し明らかになるけれど、それだけでは物足りないなぁ。
それより、柴山がとうとうムリかも。
前作よりマツリカさんの露出度が高まっていて、柴山によるその描写はまるでチカンの実況中継のよう。
そんななのに、日常に戻ると「孤独な僕」の感傷的なストーリー。
そりゃ、全編がどんより辛気臭いままだとキツイけれど、これじゃもう別キャラですよ。かなり白けた気分での読書でした。
ああ、酉乃シリーズが読みたいなー。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。