スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリス殺し/小林泰三 ★★★☆☆

複数の人間が夢で共有する〈不思議の国〉で次々起きる異様な殺人と、現実世界で起きる不審死。驚愕の真相にあなたも必ず騙される。鬼才が贈る本格ミステリ。

<世界はがらりと変わった>

小林さんの新作だということで、内容をまったく知らずに手に取ったのですが、読後、最初にあらすじを読まなくて良かったと心底思いました。ああ幸せ。

〈不思議の国〉と現実世界、それぞれで起こる殺人がリンクするというストーリー。
ただ、私は昔から『不思議の国のアリス』の世界観が苦手で。
詳しくない上にキャラクターの説明もないし、死体の描写はグロいしで、もう読み辛いったらなくて。
でも、その苦労が報われた瞬間、「おーっ」と声を上げましたよ。
歯痒い会話だらけのこの世界観だからこそ、スルーしやすい伏線といいますか。
いや、お見事です。
(そういや、表紙イラストにはちゃんと描かれているような。解らないって!)
諦めずに最後まで読んで本当に良かったと思った作品。
あとは、無意味なグロ描写さえなければなぁ。今回はしつこかった~。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。