スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊る人形/森川智喜 ★★★☆☆

探偵小説が大好きな小学生・古沢くんと同級生のふみこちゃん。二人は公園で出会った謎の博士・エリカが泥と呪文でつくりだした怪人・ゴーレムに出遭う。孤独を嘆き、自分の仲間を増やせと博士を脅迫するゴーレム。そこに悪名高き名探偵・三途川理が関わってきて――。人形男ことゴーレムに、小学生探偵たちは勝てるのか!?

<さすが名探偵三途川理>

やっぱりこの作家はファンタジーの方がしっくりくるかも。
独特の語り口調で「さて、読者のみなさんはお気づきでしょうか?」とか何度も煽ってくる手法は、結構好みでした。
伏線がさり気なさすぎて解りにくいですが、ロジックは安定感があるし、「鼻」の扱いや「目」の閉じ込め方など着眼点も斬新。
三途川もこれまでとは違った見せ方で面白いです。
終盤、古沢君が三途川を信じきれなくなって頭を抱えてしまう様子に笑いました。
これで、あともう少し物語に魅力があればなぁ・・・。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。