スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェティッシュ/西澤保彦 ★★★☆☆


<fetish ・・・物神、呪物、盲目的崇拝物、迷信の対象、崇物愛の対象物>

またしても、万人ウケしない作品です。
いや、私も決してウケた訳ではないのですが・・・。
エログロシーンが含まれているということで、途中で断念する気満々だったのですが、なんと完読してしまいました。
しかし・・・読書中はガムも口の中に入れられないほどの気持ち悪さです。

目次は凝ってます。
縦にも横にも読め、数の表記もそれぞれ漢数字だったり、ローマ数字だったり。
「意匠」「異物」「献身」「聖餐」「殉教」の5つの物語が入り乱れながら進みます。
各主人公は、黒タイツフェチの老人、自信喪失気味の看護婦、息子を自殺で失った主婦、同棲相手に逃げられた御曹司、手フェチの警察官。
彼らは、美少年・クルミとの出会いがきっかけで、破滅へと導かれることになります。

何より、彼らがクルミと向き合った瞬間の理性のふっとび具合が凄まじいです。
特に女性の場合、タガが外れるというか、まるで物の怪にとり憑かれたような変わり様で、読んでるこちらも赤面モノです。
もう少し控えめに表現してもらえないだろうか。
これで、クルミが小悪魔めいた性格ならばともかく、とても気弱な子なので、もう気の毒で気の毒で。

本書の中で、唯一同情できるのは「聖餐」の主婦・智津香。
彼女の気持ちだけは理解できましたし、最後の残酷さが際立ちました。
他の登場人物の末路は自業自得で片付けられましたが。

一応、ミステリ風味ということで、それが途中でやめられなかった原因です。
「殉教」で、連続殺人事件の謎に迫っていくのですが、この展開がとても面白かったのですよね。
しかし、ラストは真相よりも、その怒涛の結末に圧倒させられました。

彼はあの後、どうなるのか・・・。
不安が残ります。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。