スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇想博物館/日本推理作家協会・編 ★★★☆☆

『小さな兵隊』伊坂幸太郎『暗がりの子供』道尾秀介は既読。
あくまで「奇想」なので、「ミステリ」だと思って読むと肩透かしの連続なので注意。
『玩具店の英雄』石持浅海
説得力は別として、真相が斬新。
『漆黒』乾ルカ
ただ気持ち悪いだけのストーリー。
『区立花園公園』大沢在昌
『黒い手帳』北村薫 
どんどん居心地が悪くなってくる。こんな状況嫌だなぁ。
『常習犯』今野敏 
『国会図書館のボルト』坂木司 
一風変わった仲間のつながりが面白い。爽やかなんだか何なのか。
『遠い夏の記憶』朱川湊人
真相が解ってから色々思い返す作業が切ない。 
『親子ごっこ』長岡弘樹 
アイディアは好みなんだけど・・・やっぱり違和感が残るわぁ。
『シンリガクの実験』深水黎一郎
真相は好み。でも、ラスト一行ですっかり水に流せるほど軽い読み心地ではなかったことが複雑。 
『初仕事はゴムの味』誉田哲也
『長井優介へ』湊かなえ
今が幸せならともかく、10年以上も悩み続けた人がこんな真実を知ったら、虚しさでますます死にたくなるような気が。
『野槌の墓』宮部みゆき 
『ただ一人の幻影』森村誠一
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。