スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水底の棘/川瀬七緒 ★★★☆☆

東京湾の荒川河口で法医昆虫学者の赤堀涼子が見つけた遺体は、虫や動物による損傷が激しく、身元特定は困難を極めた。絞殺後に川に捨てられたものと解剖医と鑑識は推定。が、赤堀はまったく別の見解を打ち出す。岩楯警部補はじめ、捜査本部は被害者の所持品から、赤堀はウジと微物からそれぞれの捜査が開始された!

<ハエの伝道師、昆虫学者です!>

あー面白かった!
活き活きとしたキャラクターが魅力のシリーズですが、今回はさらにユーモアが炸裂していて、何度も吹き出してしまいました。
結構バカバカしい言動を繰り返しているのに、チープさを感じさせないところが凄いです。
まぁ、これまでと同様、ミステリとしては物足りないのですが。
何せ、被害者の身元の特定が9割を占めていて、事件の真相はパパッと片付けられてしまうのです。
虫だけでなく海関係や刺青の薀蓄も語られていて、さすがに詰め込みすぎなのかなぁと。
川瀬さんの薀蓄は馴染みやすいのですが、それよりもストーリー展開を!と今回は思ってしまいました。
でも、次も楽しみ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。