スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光/海堂尊 ★★★★☆

米国の心臓専門病院から東城大学医学部付属病院へ招聘された、心臓移植の権威・桐生恭一助教授。
彼は、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の、通称「チーム・バチスタ」を構築し、驚異的な成績をあげていた。ところが、3例立て続けに術中死が発生。
これは、偶然連続した不運なのか?それとも医療事故?それとも何者かの悪意によるものなのか?
危機感を抱いた病院長の高階は、神経内科教室の万年講師田口に内部調査を依頼する。


第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作です。
この選考はものの数分で・満場一致・史上最短・即決だったそうです

<大学病院では、毎日あちこちで、
         たんぽぽのようなお茶会が開かれている>


なるほど、面白い!
数ページ捲っただけで、医療ミステリが苦手の私も「これはいける!」と確信しました。
文章もコミカルだし、何より個々のキャラクターがとても魅力的なのです。
常に腹に一物ありそうな高階、自称・昼行灯の田口、一流の技量を持つ桐生、目立ちたがり屋で高階に反発している黒崎、情報通の兵藤・・・。
登場人物がとても多いのですが、それぞれキャラが立っているので全く混乱せずにサクサク読めました。

田口が責任者である不定愁訴外来(通称・愚痴外来)は、検査で異常が見つからない症状をもつ患者の話や愚痴を聞くことを主な仕事としています。
ここでの、田口の患者への誠実な対応がとても好感が持てます。
手馴れのベテラン看護師・フジさんもとても良い感じ。
愚痴外来の唯一の看護師なのですが、教授たちは彼女に頭が上がらないし、看護師たちには慕われているのです。

そして、もちろん、第2部で登場する厚生労働省の役人・白鳥のキャラは極めつけ。
彼は、奥田英朗さんの描く精神科医・伊良部の雰囲気という評判なのですが、奥田作品未読のため比較できず。
いやぁ、しかし面白いです。この男。
誰に対しても、へらっと笑って、力一杯地雷を踏みつけるような発言を繰り返し、時に相手に泣き出され、殴られ、怒鳴られ・・・それでも、ケロリとしてうどんをすすります。
しかし、ロジカル・モンスターの異名の通り、彼は完璧な論理に基づいた推理で謎を解き明かすのです。Bravo!

著者が勤務医だということで、手術の描写などとてもリアルだ(と思われる)し、緊迫感も伝わります。
医療に関する説明等もとても丁寧で、無知な私でも何となく分かったような気分に。
普通ならパッとナナメ読みしがちな専門用語が出てきても、一文字ごと集中して読めたのが不思議。

少し不服なのは、第1部と第2部で名探偵役が代わってしまうこと。
田口の調査に興味が向いていた矢先だったので、個性的な白鳥に気持ちを切り替えるのが難しかったです。

ラストは、ちゃんと田口の見せ場もあり、とても爽快でした。
そして、あの人とあの人の意外なつながりが発覚し、更に楽しい気分に。
決して読者参加型のミステリではないですし、真相が少し苦味の残るもの(謎解明のためだけの死がひとつある)だったので星は4つ。

でも、とても楽しい読書ができました。
白鳥でシリーズ化を希望します。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。