スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リップステイン/長沢樹 ★★☆☆☆

ここ渋谷で“悪意"と戦っている――行人が出会った制服の少女はそう言った。少女は、世間を震撼させる連続事件の現場に現れることから、ある刑事に追われていた。“悪意"とは何なのか。少女はなぜ犯行時刻に現場の防犯カメラに写るのか。少女を通じて事件を追う学生の行人と、事件を通じて少女を追う刑事。二つの追跡行はやがて交錯し、衝撃の結末へと至る。

うーん。これは合わなかったなぁ。
キャラクターの抱えている悩みが理解しにくい上、青春小説にしては湿度が高すぎるといいますか。
明るい女子キャラも登場しますが、まったく弾まない、重苦しいストーリーなのです。
おまけに、刑事・永瀬優子のパートは気持ち悪いし。
香砂の能力もそれほど斬新じゃないし。
ラストの仕掛けは意外ですが、そんなのどうでもいいくらい、とにかく苦行の一冊でした。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。