スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベスト本格ミステリ2014/本格ミステリ作家クラブ・編 ★★★★☆


「水底の鬼」岩下悠子

脚本家の方だそうですが、情感あふれる筆致が胸に沁みます。
単行本化されたら絶対読もう。寒川先生が可愛いなぁ。
「ボールが転がる夏」山田彩人
ビンのトリックは好みなんだけど、キャラクター(特に主人公)が面倒くさくて嫌。
男女2人とも似たような口調で、延々と紛らわしかった。
「狼少女の帰還 Return of the wolf girl」相沢沙呼
既読
「フラッシュモブ」遠藤武文
事件の内容は赤川次郎っぽくて好きだけど、「著者の言葉」で思い入れが強いと書かれてあったダイイングメッセージの質に愕然とした。
「あれは子どものための歌」明神しじま
ファンタジーですが意外性のある素敵なミステリ。
この人もチェック。
「ディテクティブ・ゼミナール 第三問 ウェアダニット・マリオネット」円居挽
「第三問」ということで、少し設定が掴みにくかったけれど真相が面白すぎる。
これは新シリーズも期待できそう!
「黄泉路より」歌野晶午
設定はありがちですが、さすがの展開にドキドキした。
「紙一重」深山亮
文章が合わないかも。なんだか読みにくかったなぁ。
「犯人は私だ!」深木章子
動機と少し捻った真相がなかなか。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。