スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら神様/麻耶雄嵩 ★★★★☆

隣の小学校の先生が殺された。容疑者のひとりが担任の美旗先生と知った俺、桑町淳は、クラスメイトの鈴木太郎に真犯人は誰かと尋ねてみた。鈴木の情報は絶対に正しい。鈴木は神様なのだから―(「少年探偵団と神様」)。衝撃的な展開と後味の悪さでミステリ界を震撼させた神様探偵が帰ってきた。他の追随を許さぬ超絶推理の頂点がここに。

<全知全能というのを知っているかい?>

今回も小学生たちを相手に、手加減なしの真っ黒な展開を見せてくれました。
毎回、冒頭で鈴木が犯人を名指しするってのも斬新ですが、その犯人の選択も絶妙なんですよね。
どの話も完璧なロジックで犯人を確定するというのではなく、足りないロジックを「鈴木=神様」という事実により、推測で補うという流れになっているのが面白いです。
前半2話の街灯やTV の電源オフの謎はともかく、3話以降の「推測」はとんでもなく悪魔的で背筋がざわつきます。
なかでも「バレンタイン昔語り」は秀逸で、真相に愕然となり、伏線に痺れました。
ラストの真相は予想できるだけにどういう結末になるのか興味があったけれど、まさかこんなハイな感じで終わるとは・・・!
さすが麻耶さん、一筋縄ではいきません。
めでたしめでたし!?
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。