スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野アンダーワールド・セブン―多重迷宮―/長沢樹 ★★★☆☆

可憐な美貌を持つ財閥令嬢から依頼された“鱗雲荘”の調査。有力政治家として名を轟かせた彼女の祖父が遺したその建物の地下には、鍾乳洞を利用して建造された巨大なシェルターが存在していた。そこで七ツ森神子都をはじめとする地下世界研究会のメンバーが屍蝋化した遺体を発見した瞬間、恐るべき連続殺人の幕が開く!

前作と違って、ストーリーは途中から一気に面白くなります。
堅苦しい舞台設定には困惑しましたが、この作家さんには珍しく、シェルターの説明や人物の動きが解りやすかったです。
ただ、めちゃめちゃ早い段階で真相にピンときてしまったのが残念。
動機は好みなのですが。弱いなぁ。
以下、自分用のメモ。真相に触れているので、OKな方は【】を反転(ドラッグ)させてご覧下さい。
不自然なくらいツグミや澤野の容姿がイメージできない&違和感のある文章なので、「そう見せかけて実は・・・」というテクニックなのかもしれないと思っていたら、まさかの「まんま真相」だったときの衝撃。
地下シェルターと神子都の事情を重ね合わせている点が、あの「2003年製作のアメリカ映画」と似ているせいで、余計に勘が働いたのかも。
摩耶に気づかれた時点で完全にネタばらし状態なので、そこからの展開を期待したんだけどなぁ。
唯一、アヴリルもそうだったのは意外だけれど・・・まぁどうでも。
せめて犯人が澤野だったら驚いた気がする。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。