スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこの家にも怖いものはいる/三津田信三 ★★★☆☆

作家の元に集まった五つの幽霊屋敷話。人物、時代、内容…バラバラなはずなのにある共通点を見つけた時ソレは突然、あなたのところへ現れる。これまでとは全く異なる「幽霊屋敷」怪談に、驚愕せよ。

ギョッとするのは表紙イラストだけでした。
三津田作品にしては設定もストーリー展開も目新しさがなく、どの怪談もまったく怖くないのです。
「幕間」が何かと恐怖を煽ってくるのですが、かなり拍子抜けの読後感。
5つの話の共通点も強引でスッキリしないし。
うーん。パワー不足でした。
そして、他作品の執筆秘話が(今回は特に)無粋に感じました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。