スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御子柴くんの甘味と捜査/若竹七海 ★★★☆☆

長野県警から警視庁捜査共助課へ出向した御子柴刑事。甘党の上司や同僚からなにかしらスイーツを要求されるが、日々起こる事件は、ビターなものばかり。上田市の山中で不審死体が発見されると身元を探り(「哀愁のくるみ餅事件」)、軽井沢の教会で逃亡犯を待ち受ける(「不審なプリン事件」)。

<さすがだ。これはうまいわ>

好きすぎて何度も読み返しているミステリ短編集『プレゼント』のスピンオフ作品。
小林警部補はともかく、御子柴くんはまったく記憶にありませんでしたよ。
展開は意外性があるのですが、ミステリとしてはゆるい感じの、解決したのかどうなのかスッキリしない後味です。
毎回「小林警部補の遠慮がちな推理で複数の事件をまとめちゃう」というパターンなので、謎解きは比較的簡単なのですが、「不審なプリン事件」のつながりはなぜか予想外でした。
(事件とまったく絡んでいない)甘味の情報が、とても興味深かったです。
あとがきも嬉しいなぁ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。