スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都知事探偵・漆原翔太郎/天祢涼 ★★★★☆

弁舌巧みな爽やかイケメン。でも、天然な世襲政治家・翔太郎が、都知事選に立候補すると言い出した! 真面目な秘書・雲井は奔走し、妨害工作を退け、彼は都知事に当選する。だが、二人の前に次々と現れる難事件――テロ組織・アイスクリーム党による都議会襲撃、殺・ゆるキャラ「ケンダマダー」殺害、そして都の賓客である美人王女のダイヤ盗難……。支持率が急落する都知事が真実を明らかにするとき、東京の政治が変わる!?

<君は僕にとって世界一優秀な秘書なんだ>

面白かったー。
前作より小粒の事件が多いかなと思ったのですが、最終話ではそれらの裏に隠された真相が暴かれ、スケールの大きさを味わうことができました。
注目すべきは、やっぱり伏線の張り方の見事さで、今回もかなり注意深く読んだつもりでしたが「あれも伏線だったのか!」という驚きを何度も味わいました。
また、伏線だと気づいていないのに、その描写がちゃんと頭に残ってるから、再読の必要がほとんどないというのが本当にスゴイ。
ラストの翔太郎の台詞には吹き出しました。諦めてなかったのか!
続編なので仕方がないとはいえ、雲井の「翔太郎が天才かどうか」と疑う様子は前作ほど魅力的ではなくなりましたが、またまた次回作が楽しみです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。