スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイネクライネナハトムジーク/伊坂幸太郎 ★★★☆☆

奥さんに愛想を尽かされたサラリーマン、他力本願で恋をしようとする青年、元いじめっこへの復讐を企てるOL……。情けないけど、愛おしい。そんな登場人物たちが紡ぎ出す、数々のサプライズ! !

<もうすぐ君の出番だぜ>

何気ない恋愛話なのに面白かったです。
小説の成り立ちも引用されている歌詞も知りませんでしたが、エッセイを読んでいたので「斉藤さん」はきっとあの人のイメージなんだろうなぁとすぐに気づきました。
(やっぱりメロディーを知らないと歌詞はちょっとピンとこないかも、という感想。)
相手の手にかかれた「シャンプー」の文字を声に出して読んでしまう、などほのぼのとした空気感がいいですね。
今回は珍しく伏線の回収が強引で、「さすがにこのエピソードは拾わなくても」と感じるものがいくつかありましたが、作中で繰り返される「相手にバツの悪い思いをさせる」手法が伏線だったとは驚きました。
ラストの中学生も(再)登場シーンが目に浮かんで爽快な気分になりました。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。