スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダンデライオン/河合莞爾 ★★★☆☆

タンポポの咲き誇る東京の廃牧場で、赤いサイロの中からミイラ化死体が発見される。死体は鉄パイプで腹部を貫かれて空中に浮遊していた。さらに建物は内側からカンヌキが掛けられ、完全な密室状態。警視庁捜査一課の鏑木率いる特別捜査班の4人が捜査を始め、被害者は16年前から行方不明になっていた女子大生・日向咲だと判明。咲が大学時代に入っていた「タンポポの会」という環境保護サークルの存在が浮上。やがて公安部が捜査に介入してきて、事件は混迷を極めていく。

<でも、本当はどこにもない国―>

これまでと同じく、意外性のある真相なのにやっぱり驚くことができないミステリでした。
そんなに丁寧に伏線張らなくてもいいのになぁ。
警察の捜査がお粗末すぎるのも気になったり。
でも、やっと特別捜査班4人のキャラに慣れた(正木さんが面白くなった?)からか、シリーズの中で一番読みやすかったです。
以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。























第一の被害者の正体はタトゥーですぐに気づいてしまった。このヒントはやりすぎなのでは。
でも、(装飾品をせびっていることだし)てっきり被害者が何らかの悪意をもって成りすましたんだと思っていたのね。
まさか善の人間を殺害したとは完全に予想外で、そのシーンは「うわサイテー」を繰り返しつぶやきながら読んだとさ。
そして、事情はどうあれ、「咲と夢の遊び」は母親の症状をますます悪化させる原因となったのでは、と考えると切ない。】
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。