スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

the TEAM/井上夢人 ★★★☆☆


能城あや子は、その的中率が高いことから、TVでも高視聴率を稼ぐ人気霊能者。
しかし、本当は霊視なんて全くのウソ。
彼女のマネージャー・鳴滝を含めた調査員たちが、依頼人の部屋に忍び込んだり、パソコンから情報を引き出したり、事前に綿密な調査を行っているのだ。
彼ら「チーム」の活躍を描いた連作短編集。


なんと、前作『クリスマスの4人』から丸4年ぶりの新刊です!
正直、待ちくたびれました。

イラストがカワイイです~!
「招霊」「金縛」「目隠鬼」「隠蓑」「雨虎」「宿生木」「潮合」「陽炎」の8つの章で構成されてます。
この第一章の「招霊」(「妹のいた部屋」改題)は、かなり以前にアンソロジーで読んだことがありました。
あれからやっと1冊の本になったのかと考えると・・・遅っ。
でも、シリーズ化を希望していたので、結果的にはとても嬉しいです。

チームの調査手段は完全に違法だし、あや子の霊視も立派な詐欺。
しかし、その調査は、時に犯罪を暴いたり、依頼者を悩みから解き放ったり、物事をすべて良い方向へと導くのです。
それでも、最初は「詐欺」という行為に抵抗が残っていたのですが、「潮合」の章であや子の過去が明らかになるにつれ、モヤモヤ感が払拭されました。
一番好きなお話です。

あや子を筆頭とするこのチームの活動は、岡嶋二人著『眠れぬ夜』シリーズの捜査ゼロ課を思い出しました。
そう、今回は全体的に岡嶋作品っぽいような・・・。
でも、岡嶋作品のような凝ったトリックも無いし、従来の井上作品のように展開に意外性があるわけでもないし・・・。
その点では、ちょっとパンチ不足かなぁ。

あや子の霊視に疑いを持つ輩も現れるのですが、チームが完璧すぎて緊張感が無いのですよね・・・。
最後まで、安心して読めてしまいました。

う~ん、ファンだからこそ少し物足りなかったかな?
全体的には、面白かったです。
今年、発売予定(かも?)のミステリーランドも楽しみです。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。