スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪い殺しの村/小島正樹 ★★☆☆☆

東北の寒村・不亡村に、古くから伝わる「三つの奇跡」。調査に訪れた探偵の海老原浩一は、術を操る糸瀬家に翻弄される。一方、「奇跡」と同時刻に、東京で不可解な連続殺人が発生。警視庁捜査一課の鴻上心が捜査にあたる。被害者には不亡村との繋がりがあった。2人は怨念渦巻く村の歴史と謎の解明に挑むのだが……。

うーん。今回も謎が詰め込まれていますが、それほど練られているとは思えないプロット。
次々と真相が読めてしまい、ラストも動機はともかく犯人は予想通りでした。
そして、やっぱり海老原のキャラが無理。
雫美視点の海老原はマシですが、鴻上と合流すると途端に安っぽくなるのですよ。
鴻上がだんだん海老原の魅力に気づき始めても、まったく共感できないし、まったく沁みないのです。風も吹かん。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。