スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粗忽長屋の殺人/河合莞爾 ★★☆☆☆

粗忽者で有名な熊五郎の長屋に怒鳴り込んできた、これまた粗忽者の八五郎。「熊、おめえ浅草の浅草寺で死んでるぞ。この粗忽者め、死んだのに気がつかねえで帰ってきやがったな?」―いかにも落語ならではの粗忽噺『粗忽長屋』。しかし、浅草寺で行き倒れていた「熊五郎に瓜二つの死体」の正体はいったい?(表題作)。

噺の中でミステリを展開するという趣向が面白いと期待したのですが、これは好みではありませんでした。
各話、最初に噺の内容を説明しているので本筋はもう少し端折って欲しいと思うほど、連発で繰り出されるギャグが苦痛で苦痛で。
人情味のあるストーリーの中、もう少し粋な笑いがあっても良かったのでは。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。