スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あぶない叔父さん/麻耶雄嵩 ★★★☆☆

犯人はまさか、あの人!? 常識破りの結末に絶句する「探偵のいない」本格ミステリ! 四方を山と海に囲まれ、因習が残る霧ヶ町で次々と発生する奇妙な殺人事件。その謎に挑む高校生の俺は、寺の離れで何でも屋を営む人畜無害な叔父さんに相談する。毎度名推理を働かせ、穏やかに真相を解き明かす叔父さんが最後に口にする「ありえない」犯人とは!

<叔父さんはとことん運が悪いようだ>

「失くした御守」は既読。
これは出オチ感がスゴイといいますか。
一番衝撃的な(というか気持ち悪さが炸裂する)第一話が叔父さんの自己紹介になっていて、その後似たようなオチ(まぁ変化もあるけれど)が続くので、麻耶作品には珍しく退屈に感じました。
これなら連作じゃない方が良かったような。
甥っ子の三角関係や将来の苦悩という青春模様を楽しめばいいのか、おじさんの愛らしい(?)言動に甥っ子が萌えまくる様子を楽しめばいいのか、なんだか中途半端な読後感。
想像していたのと違った。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。