スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骸の爪/道尾秀介 ★★★★☆

ホラー作家の道尾は、滋賀県で行われた親戚の結婚式に出席した帰り、あるトラブルから翌日取材する予定だった仏所・端祥房に泊まることになる。瑞祥房では、房主の松月を始め、弟子の魏沢・鳥居・岡嶋・摩耶が宿坊に住み込み、仏づくりに専念していた。深夜、道尾は不気味な声を聞く。また、草薮の中に社を発見。暗闇の中で撮影したところ、後日、頭から血を流している仏像が写っていることに気付く。彼は霊現象探求所を営む友人・真備に相談し、真相の解明に乗り出すが・・・。

デビュー作「背の眼」に続くシリーズ第2弾。
私はすっかり、この作家のファンになってしまいました。

今回はホラーとしては迫力が無く、謎もとても地味。
でも、素晴らしい本格ミステリでした。
ホラー現象も論理的に説明がつきます。
多少、強引っぽいですが、1作目よりスッキリ納得できました。

20年前に瑞祥房から失踪した二人の男女。
道尾が訪れた翌日から次々に姿を消す弟子たち。
なぜ仏の頭から血が流れるのか?
千手観音についた血は誰のものなのか?

瑞祥房の誰もが秘密を抱えていて、重い口を開いてくれない中、真備は独自の推理で真相にたどりつきます。
ここでの、恐怖のあまり秘密を口走ろうとする弟子たちの様子が大げさで笑えます。
全体的に、古~いサスペンスドラマ風なんですよね。

中盤まではえらくまったりとした展開なのですが、気を抜いてはいけません。
どこもかしこも伏線だらけ、無駄な描写が一切無いのです。
真相部分で、「え?」と思い前の方のページで確認すると、ちゃんと伏線が張ってある。
仏像の薀蓄すらも伏線なのはお見事!

犯人やその動機はそれほど意外では無いのですが、事件の結末に驚愕しました。
前半ののんびりした雰囲気からは、想像もできない悲劇が起こるのです。
・・・だけど惜しい!
ラストのエピローグ(のようなもの)は必要無かったのでは。
あの強烈な余韻のまま終わらせて欲しかった・・・!
そこが、かなり不満なので星4つ。

ちなみに、この作品にも「摩耶」という名前が出てくるのですが・・・何か深い意味が?
もしや、麻耶さんのファン?
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。