スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

びっくり館の殺人/綾辻行人 ★★★☆☆

館シリーズを1冊しか読んでいないので、期待ハズレだなんて口が裂けても言えません。
それどころか、密室トリックには素直に驚きました!
このサプライズだけで十分満足なのですよ。
そう、細かい事を考えずにね。
きっと、「子供にミステリの楽しさを知ってもらいたい」という想いが1番だったのでしょうね。
「せっかくだから館ファンも喜ばせたい」と練った設定は、完全に裏目に出てしまいました。
以下、自分用のメモ。真相に触れています。下の方へどうぞ。


























主人公である大学生の回想形式である以上、このトリック自体が無意味なのですよね。
読者を騙すだけでなく、他にその必然性があれば、もっと見事だと思うのですが。
再読すると、伏線があまりに露骨で驚きました。
なんで気付かないかな~自分。
この作品、ホラーに逃げずに現実的な結末を選べば、さらに後味が悪くなったでしょう。
(実は、私はその展開を期待していました。)
全体的に、子供に対するダメージが少なくなるよう配慮が施されているのが分かります。
しかし・・・やはり大人は物足りないぞ。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。