スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イノセント・デイズ/早見和真 ★★★☆☆

放火によって奪われたのは、元恋人の妻とまだ1歳の双子の命。確定死刑囚、田中幸乃の人生は、「不運」と「悪意」が支配していた。「暴力」と「裏切り」も加勢する。だから、なのか?ひとりの男だけが、味方であり続ける。なぜ彼は、彼女を最後まで信じようとしたのか?「整形シンデレラ」とよばれた鬼女。彼女が犯した「罪」、その死刑囚が犯した最大の罪とは。

<私にはあなたが必要なの>

各章タイトルと内容が判決文とリンクしているので読みやすく、先が知りたくてどんどんページが進みました。
ミステリ仕立てですが、特に意外性はないです。
田中幸乃という人間があまり理解できないままだったので、結末の衝撃もなかったなぁ。
ラストで刑務官の願った状況が、伏線が効いていて巧いと感じました。

星読島に星は流れた/久住四季 ★★☆☆☆

天文学者サラ・ディライト・ローウェル博士は、自分の住む孤島で毎年、天体観測の集いを開いていた。それほど天文には興味はないものの、家庭訪問医の加藤盤も参加の申し込みをしたところ、凄まじい倍率をくぐり抜け招待客のひとりとなる。この天体観測の集いへの応募が毎回凄まじい倍率になるのには、ある理由があった。孤島に上陸した招待客たちのあいだに静かな緊張が走るなか、滞在三日目、ひとりが死体となって海に浮かぶ。犯人は、この六人のなかにいる―。

文章は読みやすいし、キャラクターも個性が溢れていて、ストーリー展開も意外性があるのですが・・・何か物足りない。
キャラクターの過去など、もう少し掘り下げてほしかったです。
スケールの大きい舞台のわりに、小じんまりとした真相だなぁという印象。

人魚と金魚鉢/市井豊 ★★☆☆☆

音楽学科の学生選抜コンサートの会場となるはずだった、大ホールのステージを泡だらけにした犯人は誰か?そしてその理由とは?爽やかな余韻が残る表題作ほか、聴き屋だからこそ真相に気づけなかったエピソードを描く「恋の仮病」、美少年タレントの謎の行動の理由を探る「世迷い子と」など全五編を収録。

うーん、続編が待ち遠しかったけれど、前作の方がキャラクターが生き生きしていて会話も面白かったような気がします。
第一話なんて、なかなか読み進められませんでした。
ミステリとしても印象が薄くて、『世迷い子と』は好みの真相なのに、強引さが上回っていて違和感が残りました。
期待しすぎちゃったかな。

神様の裏の顔/藤崎翔 ★★★☆☆

神様のような清廉潔白な教師、坪井誠造が逝去した。その通夜は悲しみに包まれ、誰もが涙した―と思いきや、年齢も職業も多様な参列者たちが彼を思い返すうち、とんでもない犯罪者であった疑惑が持ち上がり…。聖職者か、それとも稀代の犯罪者か―。

<腹ん中じゃ何考えてるか分からないだろ?>

新人さんにしてはとても読みやすかったです。
本当にすらすらと読めます。
予想していたものよりさらに複雑な真相に驚きましたが、ネタばらしが長い割に新情報が少なかったので、ラスト2、3ページでどんでん返した方がインパクトがあったような。

虹の歯ブラシ/早坂吝 ★★★★☆

上木らいちは様々な客と援交している高校生で、名探偵でもある。殺人現場に残された12枚の遺体のカラーコピー、密室内で腕を切断され殺された教祖、隣人のストーカーによる盲点をつく手口――数々の難事件を自由奔放に解決するらいち。その驚くべき秘密が明かされる時、本格ミステリはまた新たな扉を開く!

<みんな平等、五万円>

面白い!
前作ほどの衝撃はない、との感想が多いですが、私はこれを読んで「あ。本物かも」と感じました。
ブッ飛んでいる終盤の2作品も含め、全体的なクオリティの高さと挑戦的な趣向にとても満足しました。
ド直球のエロシーンだらけなのにまったく気にならないどころか、「藍は世界中のジーンズを染めている色」のラストは粋に感じてしまったほど。
前作よりもらいちがめちゃめちゃ魅力的になっていて、好感度が上がりました。
次も絶対読まないと。
最新記事
検索フォーム
記事一覧

 2005年8月~

カテゴリ
プロフィール

めみ

Author:めみ
FC2ブログへようこそ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。